2015年03月16日

「鶴岡雛物語」

庄内地方には日本で一番多く古典雛が大切に保存・継承されていると言われており

この時期ならでは鶴岡の風物になっています。

数ある展示施設がありますが今回

「荘内神社宝物殿」に行ってまいりました。

「鶴岡雛物語」1.jpg

荘内神社には、

旧家より奉納された200歳を超える貴重な雛人形数百体と

雛道具が展示所蔵されており圧巻です。

「鶴岡雛物語」2.jpg

「鶴岡雛物語」3.jpg

「鶴岡雛物語」4.jpg

「鶴岡雛物語」5.jpg

「鶴岡雛物語」6.jpg

「鶴岡雛物語」7.jpg

「鶴岡雛物語」8.jpg

伝統の雛菓子やお雛さまグッズも販売されており、懐かしさと

鶴岡の奥深い文化・歴史を感じることが出来ました。

「鶴岡雛物語」9.jpg

鶴岡の春を感じに出かけませんか。

「荘内神社宝物殿」

展示期間:3月1日(日)〜4月5日(日)

時間:9時30分〜4時30分

入館料:大人 300円、中高生 200円、小学生 100円

神職、巫女が解説致してくれますよ。

「鶴岡雛物語」10.jpg

BY T




posted by TMO at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月09日

今年の桜並木は・・・



3月7日(土)に国道112号線赤川土手辺りを通過中、


大掛かりに桜の伐採作業しているところを見つけ停車・・・

今年の桜並木は・・・1.JPG

この土手の桜は、


大正5年に赤川改修記念として植栽されたソメイヨシノ


もう100年近く・・・そこにいたんですね(´ヘ` )・・・


幹が朽ちてきたり、倒木の恐れもでてきているとのことで


古木の伐採がされているようです


今年の桜並木は・・・2.JPG


堤防上の若木も大きくなってきたけれど


巨木の桜並木が見れなくなるのは、ちょっと寂しいですね(´・ω・`)


今年の桜並木は・・・3.JPG


赤川堤の桜並木・・・・・鶴岡市民歌の歌詞にもあったなぁ・・・


いつからか、歌うことも聴くこともなくなったような・・・


こんな歌詞だったような・・・


  ♪金峰山に内川の流れ なつかしい


   あつい民情 いこいの城跡


   赤川堤の桜並木に


   まばゆい春の日 われらは和む


   おお うつくしい鶴岡市よ♪

なんで歌わなくなったんだろうかな・・・

伐られた桜を名残惜しみ、枝を頂く人たちもいました




今年の桜並木は・・・4.JPG


by S



posted by TMO at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記